日焼けで脱毛

日焼けをしていると脱毛を受けられないので注意!

脱毛に通うことを決めたら日焼けしないように注意しなければなりません。

 

サロンで人気のフラッシュ脱毛は日焼けしていると脱毛することができないからです。

 

フラッシュ脱毛は色の濃いものに反応するので、黒いムダ毛にダメージを与えることができます。

 

その為、白い肌にはダメージを与えることなく脱毛することができるんです。

 

しかし、日焼けすることで肌が黒くなってしまったら、痛みが強くなってしまったり、肌へもダメージを与えてしまうことになります。

 

肌が赤くなったりかゆみが出てしまうだけでなく、ひどいと火傷を起こして痕が残ってしまうこともあるかもしれません。

 

このようなトラブルを避け安全第一に施術する為に、サロンでは日焼けしている肌だと脱毛できないと断られてしまうんです。

 

フラッシュ脱毛は出力パワーを下げることができるので、肌トラブルや痛みを抑える為に下げて施術することも可能です。

 

しかし、それでは脱毛効果も下がってしまい、通う回数を増やしてしまい損してしまうことになります。

 

脱毛に通っている期間は日焼けしないようにしっかり注意をしましょう。

 

紫外線が多い夏を避けて脱毛を始めたとしても、2〜3ヶ月おきに数回通うとなると、避けることはなかなか難しくなります。

 

日焼け止めクリームだけではうっかり焼けてしまうこともあるので、脱毛部位の露出を避けた服装を選んでおくと安心ですね。

 

万が一、脱毛前に日焼けしてしまったら、予約日を早めに変更しておくことをおすすめします。

 

ちょっとぐらいとサロンに行ったが、脱毛できないと断られてしまうと、通うだけ損ですよね。

 

また、元々地黒で脱毛できないと断られてしまっても諦める必要はありません。

 

ニードル脱毛なら肌の色関係なく脱毛することが可能ですので、取り扱っているサロンを探してみてくださいね。

 

しかし、ニードル脱毛でも日焼け直後の肌では、トラブルが出やすくなってしまいますので、脱毛中はできるだけ日焼けしないようにご自身で注意していきましょうね。